金沢で迎える朝「闇に飲まれる」とは本当ならしい昨日とは裏腹の高揚感でこの地を後にしました。初めての北陸新幹線は、東海道新幹線や山陽新幹線を走る新幹線とひと味違う。サラリーマンが多い中、旅程を書き込んだトラベルノートを見て時間を確認する。自然と口角が上がっ ...

お前は一体何者なんだ?今日の旅路がいつもより気分が乗らないのは、上司に仕事を任せて出てきたからというだけではない。私という半透明な人間は、ずっと大きな力の影を写し込んでいたらしい。自分という実体を持つことでその影を追い出そうとしているのだが、今までその影 ...

私が車窓から見える風景ばかりに思いを馳せていたのは2年前の自分に向き合うのが怖かったからだ剣道部を引退してから早2年。気が付けば医学科の同期が引退する年になっていました。最後の西医体に行くというのは随分前から決めていました。久しぶりに聞く音、におい、あの空 ...

↑このページのトップヘ